パリで働いて感じたこと 第2話 前進アルノミの巻

ぼんじゅーる!
全然フランス語が身につかない男で定評のあるだいごろうです。
もはや、発音が違いすぎて土地の名前すら分かってもらえません。

さて、1ヶ月目にして2話目です。
亀よりも遅いと自負しています。

今回は、わりとお仕事についてです。
さて今日は、こっちのコミット意識について、お話していきたいと思います。
(プログラムのバージョン管理系の話になるので、何だそれってなる人は、このページをそっとじしてね(((((((((((っ・ω・)っ )

ちなみに、今からするお話は、
僕の現場のお話なので、フランスの開発がこうだとは限りません。

日本にいた時は、

共通で開発しているブランチで作業をしているとします。
じゃあ、開発するかってなったら、

  • そこからブランチを切ったりして、ローカル環境を構築して
  • 自分の作業が完了して、テストが通るようになって、
  • ある程度動くことを確認してから、コミット、(レビューしたり)
  • みんなの作業ブランチにマージ

ッて感じで、

全員の共通のブランチは、基本安定させる
な感じで、開発進めていきますよね?

今の現場だと

じゃあ、開発するかってなったら、

  • そこからブランチをクローンして、ローカル環境を構築して
  • 自分の作業が完了して
  • とりあえずコミット、マージ、プッシュ
  • jenkins先生が怒る
  • 「だれのコミットだー」って感じで犯人探し、
  • 「おれだー、治すわー」
  • なんとなく修正したら、コミット
  • 上記を0回以上繰り返す。

って、感じで、
前進あるのみ、バグったら修正したらいいじゃんッ。
て感じ。

なんか、こういう文化は、けっこう個人主義があるからのような気がしています。
さくさくと自分のタスクを終わらせて、次々に進めていきたいという、ベンチャー基質な感じがあるのかもしれません。

なので、所感的には

最新版にして、実行しよう!ってすると、けっこう起動すらしないことが多い。
スピードは大事だけど、さすがに、一度くらいは実行してみてほしいと思うっす。
まぁ、全員でひとつのブランチでわっしゃーって開発するから、
協力プレイで強大なボス倒してるみたいで意外と面白いんですがw

では、最後に

モンマルトルの丘から見る、パリの町並みで今回のブログは締めたいと思います。
さよなら、さよなら、さよなら
f:id:daigorowhite:20150404073030j:plain